EC-Rider B2B 機能紹介

マーケットプレイス機能

複数のサプライヤーと取引先をつなぐマーケットプレイス機能。
電話やFAX、メールでの煩雑な受発注作業から解放されます。

仕入れ先や卸売・販売先が複数存在する場合、ニーズを汲み取り商品流通を迅速に行うことでビジネスは成立しますが、そのビジネスチャンスを拾えば拾うほど貴社のオペレーションコストは増大し負担となっていませんか?
商品を流通させる指揮命令系統として情報を流通させるルーティンワークを自動化することができれば、人的なオペレーションコストは大幅に削減できます。 また、取引先のニーズもシステム化によって24時間ダイレクトに受け取ることができ、営業活動にかかるコストも削減ができます。

24時間いつでも自動で受発注

EC-Rider B2Bでは、マーケットプレイス機能を用意しました。
貴社専用のBtoBマーケットプレイスサイト(ECサイト)を開設することで、貴社と貴社を取り巻く仕入先や卸売・販売先の取引をインターネット上で行うことができます。

EC-Rider

EC-Rider B2Bでは、マーケットプレイス機能を用意しました。
貴社専用のBtoBマーケットプレイスサイト(ECサイト)を開設することで、貴社と貴社を取り巻く仕入先や卸売・販売先の取引をインターネット上で行うことができます。

マーケットプレイス機能に関する「よくあるご質問」

Q
マーケットプレイス機能を使って、どんなサイトが作れますか?
A
商品の仕入先(メーカー・サプライヤー)と、販売先(取引先)が自由に直接取引が行える「Eマーケットプレイス」を開設することができます。
複数のメーカーやサプライヤーが、1つのECサイトに商品を出品・販売し、販売先は、それらの商品の中から必要なものを選んで購入することができます。
その際、卸価格や商品の表示・非表示を貴社がコントロールすることも可能です。
Q
楽天市場のようなショッピングモール形式のサイトは作れますか?
A
はい、ショッピングモールの開設も可能です。
楽天市場は、商品の販売元ごとにショッピングカートが異なりますが、EC-Rider B2Bの標準機能では、異なるサプライヤーの商品を1つのショッピングカートでまとめて購入するamazon形式となっています。
販売元の違いを意識することなく、一度の操作でたくさんの商品を注文することができるため、注文時の煩雑な入力作業をコンパクトにすることができます。
注文情報は注文完了後にサプライヤー単位で自動的に分割され、各サプライヤーが独自に注文処理を行える仕組みになっています。

その他の「よくあるご質問」を見る >

EC-Rider B2Bの機能紹介

100種類を超える機能を搭載
詳細な機能の一覧は、資料ダウンロードでご覧いただけます。

EC-Rider

お問い合わせ

EC-Rider B2B(BtoB ECサイト構築システム)に関するお問い合わせは以下からお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

EC-Rider

インターネットでのお問い合わせ

  • EC-Rider B2B 資料請求
  • EC-Rider B2B お問い合わせ