「EC-RiderB2B」で業務効率化

1. 企業間取引の現場でEC化が加速している

2019年に新型コロナウイルスの最初の症例が確認されて以降、新たな変異ウイルスも加わり、コロナ禍は長引いています。
この影響により、日本はもちろん、世界各国で“働き方”について見直されているのではないでしょうか。
我々が活動する『BtoB EC』の分野では、近年需要は高まってきていましたが、コロナ禍が1つの要因となり、更に需要を高めたのではないか。と筆者は感じております。その1つの理由として、弊社セールスサイトより「BtoB ECサイト構築を検討している」といったお問い合わせが増えてきていることが真っ先に挙げられます。

そのお問い合わせの中でも、
・製造メーカーのお客様から、「コロナ禍で出勤制限があり、電話・FAXだけでの注文が難しい。」と言われ、改善策としてWeb化の提案を検討している(基幹システムパッケージベンダー様)
・バイヤー(発注者)側、セラー(受注者)側ともに電話・FAXでの受発注業務をWeb化することで業務効率化をはかりたい(商社様)
といった生の声の相談を多く頂いております。

上記のような相談を鑑みると、企業間取引の受発注業務はEC化が加速しているように思います。

2. サイト構築の目的は様々か?

サイト構築の目的は、企業様毎に異なり様々ではありますが、お問い合わせにて相談いただく中で多くを占めているのが『業務効率化』、『新規顧客獲得』の2つのパターンです。
上記2つの両方を目的にされている企業様もいますが、どちらかの目的にフォーカスして会話させて頂くケースが多いです。

というのも、ECサイトを構築したからといってすぐに『業務効率化』、『新規顧客獲得』に繋がるわけではないからです。
ECサイト構築で1番効果が表れやすいのが『業務効率化』ではありますが、今までにない作業(サイトへの商品登録、受注管理、基幹システムとの連携等)が発生するので慣れるまでは、業務効率向上が100%できたとは言い難いかもしれません。

また、『新規顧客獲得』のためには、Webマーケティング、リアルマーケティング、メディアマーケティングといった活動を行う必要があり、ECサイトを立ち上げれば目的が達成できるわけではありません。

3. どちらにせよ、コストはかかる

『新規顧客獲得』を目的としている企業様は、サイト立ち上げがゴールではなく、寧ろ集客のスタートです。最終目的である売上を伸ばすために『新規顧客獲得』が必須ですが、そのために必要なのがマーケティング活動です。そしてマーケティング活動には大きな先行コストが必要となります。

一方で『業務効率化』を目的としている企業様は、BtoB ECサイト立ち上げが効果的ですが、上段で述べたように今までにない作業(作業コスト)が発生してくるのでその認識が必要です。

実際にBtoB ECサイトを構築し、『業務効率化』に成功しているお客様もいますので、いくつか事例をご紹介させていただきます。

【Case1(某メーカー様 業務効率化)】
<課題・ご要望>
・新しくカラーコンタクトを製造・販売することになり、立ち上げのメンバーが3名と少ない状況なので、人手での受発注作業(電話・FAX)では業務が回らないと判断し、BtoB ECサイトで受発注を行うこととした
・取扱商品がカラーコンタクトであり、薬機法※1に則った運営が必要となる
・カラーコンタクトの外箱ではブランドや色、度数の見分けが難しいだけではなく、ロット番号と消費期限を読み取り、記録・保管する必要があるため、ミス防止・業務効率向上を目的にハンディ端末※2を採用したい

※1: カラーコンタクトは高度医療管理機器のため、薬機法に定める製品及び試験に関する記録、その他の製造所の管理に関する記録を作成し、3年間(又は、有効期間+1年のうち長い期間)そのデータを保管することが求められる

※2: WMS(倉庫管理システム)のハンディ端末を利用して、外箱のQRコードより商品データ(ブランド、色、度数、ロット番号、使用期限)を読取る

<課題の解決手段>
WMSとの連携を行い、ハンディ端末で読み取ったロット番号・消費期限を注文データ(返品・交換も同様)と紐づけて、薬機法で必要なトレーサビリティを確保できるようにカスタマイズをしました。これにより、薬機法に則った運営も実現することができました。また、WMSと連携することでハンディ端末を用いたピッキング作業でミス防止・業務効率向上を実現することができました。

【Case2(某商社様 コロナ禍の影響)】
<課題・ご要望>
・高齢者施設向けに弁当配食サービスを行うことが決まっていたが、コロナ禍で対面での営業が難しくなった
・Webサイトで弁当提供側(サプライヤー側)と高齢者施設側(バイヤー側)のやりとりができるシステムを構築したい
・サプライヤーとの契約上の制約で、1ヶ月分の発注量を事前に知らせる必要がある
・お弁当が配送される3日前まで数量変更可能としたい(=3日前に注文確定)

<課題の解決手段> 
月末に翌月1ヶ月分のお弁当を一括注文し、注文内容の変更を配送3日前まで可能とするカスタマイズをしました。今まで電話・FAXで対応していた受発注業務をシステム化したことで業務効率化を実現することに成功しました。

【Case3(大手販売業企業様 業務効率化)】
<課題・ご要望>
・システム導入前は、海外のお客様からの引き合いに対して、電話やFAX、メールで商品紹介やヒアリング、見積提示、注文の調整を行っていた
・海外向けの少し特殊なビジネスで、 “20 or 40フィートのコンテナに商品を詰め込み、容積80%を超えないと注文を確定できない”ルールとなっている為、見積完了までに何往復ものやりとりが交わされ、クロージングまでに3カ月程かかっていた

<課題の解決手段>
ファーストリリースではWeb上で購入できる商品を閲覧し、見積依頼できるBtoBサイトをリリースした。これにより今まで画像をDVDに焼いたり、PDFデータを送付したりする手間が改善できました。
取引件数が増えた時点で、システム上で容積80%超えないと見積依頼できないというルールを作り込むことにより、何往復ものやりとりをする手間とクロージングまでの時間短縮に成功し、大きな業務効率化を達成しました。

【Case4(某法人様 コロナ禍の影響)】
<課題・ご要望>
・コロナ禍により、日本のセラーと海外のバイヤーが対面での商談や新しいビジネスチャンスをつくる機会の1つでもある展示会が制限されてしまったため、その代替手段として インターネット上で“商談まで導くマッチングサイト”を構築したい

<課題の解決手段>
基本的に「EC-RiderB2B」の標準機能を利用して課題を解決しました。
海外のバイヤーが対象となるため多言語化の対応、また、複数のサプライヤーを制限なく管理することができる機能は標準機能を利用、マッチングについては標準機能の“見積機能”を基に商談日程を調整できるようにカスタマイズしました。

上記に成功事例を紹介してきましたが、「業務効率化」、「新規顧客獲得」の実現にはいずれもコストがかかります。また、BtoB ECサイトの構築および運営は容易くできるものでもありません。
しかし、上記事例のように目的、解決すべき課題を絞り込むことができれば、「EC-RiderB2B」の豊富な標準機能とカスタマイズを組み合わせることにより、課題を解決することができると思います。

「EC-RiderB2B」でBtoB ECサイト構築し、業務効率化を目指しませんか?
まずは相談ベースでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせは“こちら”からどうぞ!

BtoB通販事業に役立つ「BtoB ECコラム」

法人と法人とが取引する「BtoB通販事業」を成功させるために役立つビジネスのノウハウや、BtoB ECシステムの活用方法など、EC Rider B2BのEコマースソリューションを軸に、売上げアップや、業務効率向上に役立つ情報(コラム)をお届けします。

  • コロナ禍2年経ってみて、変わったこととは?!

    新型コロナウイルス感染症が、日本や世界各地で猛威を振るい始めて早くも約2年が経過しました。そこで、今回は“コロ […]

  • サブスクリプションの事例

    前回、「倉庫・運送業の事例」をご紹介しました。 今回は、近年増加傾向にあるサブスクリプション※1形態で提供する […]

  • 倉庫・運送業の事例

    今回は倉庫・運送を生業とする企業様が、弊社製品「EC-RiderB2B」で”マーケットプレイス※1“を実現した […]

  • 「EC-RiderB2B」のASP契約

    「EC-RiderB2B」をご利用いただくためにパッケージプランとASPプランをご用意しています。契約実態とし […]

  • 予算を守るためには

    カスタマイズの予算感を把握するきっかけとなれば…と思い、「予算100万円ではカスタマイズできない」を投稿しまし […]

  • 「EC-RiderB2B」の基幹システム連携

    これまで、「EC-RiderB2B」の機能について本サイトのBtoB ECコラムでご紹介してきましたが、“基幹 […]

    BtoB EC(通販)サイト構築システム「EC-Rider B2B」のお問い合わせはこちら

    資料ダウンロード

    ご連絡先情報をご登録いただくと、詳しい資料をダウンロードいただけます。

    ダウンロードはこちら

    電話でお問い合わせ

    今すぐ電話で問い合わせをしたい方はこちら。
    (受付 平日10:00~18:00)

    フリーダイヤル 0120-41-1714

    メールでお問い合わせ

    営業の訪問依頼や、機能についての質問などメールでのお問い合わせはこちら。

    お問い合わせフォームへ

    見積もり依頼

    概算の金額を知りたい方は、必要事項を入力のうえ、見積もり依頼をしてください。

    見積もり依頼フォームへ