今や、Webでの多言語化は欠かせない!

1. 今や、Webでの多言語化は欠かせない!

2019年に新型コロナウイルスの最初の症例が中国武漢で確認されて以降、未だに収束しない状況下、世界各国ではロックダウンが再発動されるなど、世界経済に大きな影響を及ぼしています。

この影響により、対面でのコミュニケーションが制限され、世界的に人の動きが激減しました。それに伴い、経済が停滞している状況です。それは、未だ世界中のどこでも対面でのビジネスが主流だからです。特に日本ではその傾向が顕著に現れていると感じます。主流なビジネスの1つとして展示会が上げられますが、新型コロナウイルスの影響を受け、開催の中止を余儀なくされました。今まで展示会をメインとして情報収集し、ビジネスチャンスを得ていたサプライヤー(供給側)・バイヤー(需要側)の両者は、新しいビジネスチャンスをつくる機会を損失しています。これでは経済は低迷していく一方です。

そこで、多くの企業はインターネットを使ったコミュニケーションにより、人が移動しなくても、接触しなくても良い方法を模索し始めています。インターネット上で世界中の人とコミュニケーションをとるには、世界で標準語とされている“英語”の利用が大多数を占めていますが、日本人の多くは世界標準の“英語”が苦手であり、日本企業の多くはローカル言語の“日本語”しか利用できていません。

当然ですが、グローバル企業では既にWebサイトの多言語化を行っています。自社Webサイトを多言語化していない企業が、グローバル企業に追随するには“コスト”も“時間”もかかりますし、そもそものスキルも有していないのが現状です。

そこで、多くの企業は“既に多言語対応を標準機能として組み込まれているツール”を探し始めるのです。
その1つが“企業間取引に特化したECサイト構築システム「EC-RiderB2B」”です。

2. 「EC-RiderB2B」の多言語機能

「EC-RiderB2B」は標準機能で多言語対応を具備しているので、日本語用サイト・英語用サイトのように2つのサイト構築する必要は無く、お客様で追加したい言語のコンテンツをご準備して頂ければ、1サイト構築する費用でWebでの多言語化が実現できます。

また、「EC-RiderB2B」は日本語・英語のみならず、お客様がビジネスを成り立たせるうえで必要な言語を上限無く、登録することが可能です。例えば、日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語など複数の言語に対応ができます。

「EC-RiderB2B」の多言語機能を利用し、下図のような日本⇔海外間でのマッチングサイトを構築した実績もございます。


サプライヤーは商品を販売したい。取引先は世に売れる商品を見つけたい。
コロナ禍で対面での商談が制限する状況下で、このような企業間での取引を少しでも多く成り立たせる為、商談まで導く“マッチングサイト”が構築されました。

3. まとめ

未だ収束がみえないコロナ禍で“Webを活用すること”、“Webでの多言語化”は必然となってきています。
標準機能で多言語対応を具備している「EC-RiderB2B」は1サイト構築する費用で多言語化を実現することができます。また、多言語機能に限らず、「EC-RiderB2B」には企業間取引に必要不可欠とされる機能を具備しております。
まずは相談ベースでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。お問い合わせは“こちら”からどうぞ!


BtoB通販事業に役立つ「BtoB ECコラム」

法人と法人とが取引する「BtoB通販事業」を成功させるために役立つビジネスのノウハウや、BtoB ECシステムの活用方法など、EC Rider B2BのEコマースソリューションを軸に、売上げアップや、業務効率向上に役立つ情報(コラム)をお届けします。

  • コロナ禍2年経ってみて、変わったこととは?!

    新型コロナウイルス感染症が、日本や世界各地で猛威を振るい始めて早くも約2年が経過しました。そこで、今回は“コロ […]

  • サブスクリプションの事例

    前回、「倉庫・運送業の事例」をご紹介しました。 今回は、近年増加傾向にあるサブスクリプション※1形態で提供する […]

  • 倉庫・運送業の事例

    今回は倉庫・運送を生業とする企業様が、弊社製品「EC-RiderB2B」で”マーケットプレイス※1“を実現した […]

  • 「EC-RiderB2B」のASP契約

    「EC-RiderB2B」をご利用いただくためにパッケージプランとASPプランをご用意しています。契約実態とし […]

  • 予算を守るためには

    カスタマイズの予算感を把握するきっかけとなれば…と思い、「予算100万円ではカスタマイズできない」を投稿しまし […]

  • 「EC-RiderB2B」の基幹システム連携

    これまで、「EC-RiderB2B」の機能について本サイトのBtoB ECコラムでご紹介してきましたが、“基幹 […]

    BtoB EC(通販)サイト構築システム「EC-Rider B2B」のお問い合わせはこちら

    資料ダウンロード

    ご連絡先情報をご登録いただくと、詳しい資料をダウンロードいただけます。

    ダウンロードはこちら

    電話でお問い合わせ

    今すぐ電話で問い合わせをしたい方はこちら。
    (受付 平日10:00~18:00)

    フリーダイヤル 0120-41-1714

    メールでお問い合わせ

    営業の訪問依頼や、機能についての質問などメールでのお問い合わせはこちら。

    お問い合わせフォームへ

    見積もり依頼

    概算の金額を知りたい方は、必要事項を入力のうえ、見積もり依頼をしてください。

    見積もり依頼フォームへ